美容室

エステでやけど?こんな時はどうする?

 

エステでやけどなどの事故があった場合、必ず行うことがあります。
まずは病院に行くことです。
それもすぐ。

例えば、脱毛の施術をして帰宅後、なんとなく肌がおかしいという時には、少なくとも次の日には、病院に行くことです。
また、すぐに症状が現れないときでも、何かがあったときにすぐに病院に行きましょう。
そこで診断書を書いてもらってください。
そして、そのやけどがエステの施術であることをハッキリとさせることで、損害賠償を請求することになります。
とはいっても、施術でやけどをしました、これが診断書ですと提出したところで、エステ側の対応はいろいろです。
その場でやけどを認める、ごねて難癖をつけてくる、いきなり弁護士登場なんていうケースもあります。
最悪なのが、提携している病院に行ってから判断というものです。
これは、怪しいと思ってしまうことですが、いざとなったら、弁護士を立てて戦うなんていうこともあります。
いずれにしても、エステなどではやけどという事故はゼロではありません。
そうした被害に合うことも一応頭に入れておいてください。
できれば、最初のカウンセリングのときに、もしもの時はどうしたら良い?ということを聞いておくのも良いでしょう。
川崎 エステ

肌が弱い方などは特に気をつけてください。
少しの出力の高さで、大きく傷がつくこともあります。
全てがうまくいくということはなく、勧誘の時には積極的ですが、安心で有名なエステを教えてください何か事故になると手強いと思ったほうが良いかもしれません。
消費者センターなどに相談するのも良いでしょう。