美容室

早速試したい!美容室帰りの髪になるドライヤーの使い方

 


自宅でも、美容室帰りのようなヘアースタイルに仕上げたい!
そのカギとなるのは「ドライヤーの使い方」です。
ヘアースタイルの土台は、髪を乾かす時が最も重要。
毛先をまとめて…
でも、一番大事なのは「髪をツヤツヤに仕上げる」ことですよね!
今さらきけないドライヤーの乾かし方を学びましょう!

 

ヘアオイルと髪留めは必須アイテム

しっとり感を出すには、乾かす前の一手間が大事。
タオルドライ後の髪に、適量のヘアオイルを全体にささっとつけます。
ヘアオイルは、ホホバオイルなどが人気。
無ければ市販のヘアオイルを使いましょう。
つけすぎるとベタつき感の原因になりますので注意して。
一番始めに乾かすのは前髪です。
根本から毛先に向けてドライヤーをあて、セッティングします。
次に、髪留めで耳上ラインの髪全てを留めます。
髪の内側は乾きにくく、うねりやすいため、早急に乾かす必要があるんです!
サラサラにしたいときは、クシ等で髪の絡まりを取りましょう。
乾いたらまた髪留めで分けて内側から乾かすことを繰り返します。

 

乾き切らないくらいで止めるべし!

髪をツヤツヤにするには、髪がまだ水分を含んでいる状態で止めるのが必須。
この状態である程度ヘアセットを行います。
そして、微風に設定したドライヤーで最終的なヘアセットを行い水分を完全に飛ばします。
最後に冷風をあてるとツヤツヤ感がアップしますよ!

 

いかがでしたか?
早速自宅のドライヤーで試してみましょう!